読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

砂漠のナボナ

来る前からここにいて、去った後もここにとどまる

2016年9月30日の日記

今日は仕事が休みだったんですが、午後から休日出勤しなくてはならない用事ができまして、しかもそこでいろいろとミスに気付くというアレな日でした。わが職場は大変なブラックなので、そこで働いている自分も反社会的な存在を支持していることになるのではないか、ぼくは社会にとって害悪なのではないか、みたいに考えるとどんどん気分が落ち込んでいってすごいですね。やめましょう。午前中もいろいろとやりたいことはあったのですが、どれもやらないまま寝過ごすという、残念な日でした。ただ、朝に作ったカレーはけっこうおいしかったかな。フォン・ド・ボーの固形のやつを入れると高級感が出ますね。

 

そんなこんなで結構ネガティブな感じになったので、それなりにネガティブなエントリを書こうかと思って悩んだ挙句、とりあえずタイトルは「リア充の圧倒的な正しさ、そしてぼくが彼らを憎む理由」にしようと決めたところまでここに吐き出しておきます。でも1時間後くらいにもう書いてたりして。明日はいいことがあるといいな、と思い続けてもう3年か、という感じですがまあ、そんじゃあね。