読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

砂漠のナボナ

来る前からここにいて、去った後もここにとどまる

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第1弾「はてなブロガーに5つの質問」

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第1弾「はてなブロガーに5つの質問」

1. はてなブログを始めたきっかけは何ですか?

 何か書いてやろうとか、表現してやろうみたいな衝動はあったもののどうしていいかわからず、自分で日記を書いたりとかはしてたのですが、これブログでやればよくね?と思って勢いで作ったんだったと思います。あと勉強の進捗とかプログラミングのコードとかポエムとか雑多に集めたポートフォリオ的なものを作りたかったんだと思います。あとデイリーポータルに投稿したかった。

2.ブログ名の由来を教えて!

 「逆境ナイン」という漫画に亀谷万念というキャラがいまして、王貞治に憧れる男なのですが、彼は亀谷万年堂のナボナ(「お菓子のホームラン王」でおなじみのブッセ的なやつ)が好きなんですね。それを見て実際にナボナを食べたらおいしくて、あとイタリアのナヴォーナ広場が名前の由来というのもかっこよくて、以来「ナボナ」という名前がすごく印象に残っていたのです。ただこのナボナ、パサパサしてるわけではないものの食べるとお茶がほしくなる感じでして、これを砂漠で食べるとしたらさぞ鬱陶しかろう、というのがブログの名前を考えているときに思いつきまして、今に至ります。

3.自分のブログで一番オススメの記事

ダントツでこれ

k-point.hatenablog.com

デイリーポータルに投稿したいとは思いつつ、でもなかなかかけない日々か続いていたころ、新人賞の記事募集を見て重い腰を上げて書いたエントリ。かなり足を使ったのでそれなりに思い入れがあるのですが、賞にはかすりもせず。でもこういうぼんやりした思いをかっちりと書いた記事が好きです。またこういうの書きたい。

4.はてなブログを書いていて良かったこと・気づいたこと

 はせおやさい氏も言ってますが、自分の身に起こったことを過去にしてしまえるのはすごくいい。前までは割と嫌なことがあると「あんなつらい出来事をいい思い出などにしてなるものか」みたいなことを考えてるめんどくさい奴だったのが、とりあえず文字にして処理してしまおうと思えるようになりました。たくさんの人に読んでもらえたこれ

k-point.hatenablog.com

の元ネタも割と痛みを伴う出来事だったわけですが、それを書いてみたら「エモい」「切ない」「エモい」と普段めったに頂戴しない感想をもらえて、自分の中でも「ああ、そういう出来事として受け止めてよかったのか」みたいに思いました。自分への自信のなさのせいか、自分の抱いた感情に対して、こんなことを自分は思ってはいけないと思ってしまうことがたびたびあるのですが、自分がいくつか特定の感情を抱くことを肯定してもらえたような、そういう体験でした。あと、ぼくは大学で割とクソまじめに文章の書き方を身に着けてきたので、根拠も説得力もないような文章を書くのは恥だとか思ってきたのですが、自分の感情などというあいまいなものベースでも読んでくれる人はいるのだと知れたこともうれしかったです。

5.はてなブログに一言

 「はてなブログSEOに強い」のかはよくわかっていないのですが、楽しく利用させていただいております。はてな村なんて七面倒くさいものが形成されて大変だとは思いますが、運動と瞑想と野菜350g(オキシトシンと筋肉はオプション)でがんばってください。