読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

砂漠のナボナ

来る前からここにいて、去った後もここにとどまる

場末のエリート、就活の思い出(ほんのちょっと)、ボンヤリ

駅前の広場からちょっと路地に入ったところに居酒屋がある。小さな店だけどあまりさわがしくないし、コーンのかき揚げがおいしいのでたまに行く店だ。近頃体調を崩していてまったく酒が飲めなくなったんだけど、なんとなく飲みたい気分になって一人で入った。ちなみにまったく酒が進まず、ジョッキよりコップのほうが飲みやすいと思ってうっかり頼んだ瓶ビールを時間をかけてなんとか飲みほした。

そのときに隣のテーブルに座っていた40代くらいのサラリーマン二人。かっこいいスーツを着ていて顔つきのしっかりした彼らは、郊外のベッドタウンとガチの田舎の境目に位置するその土地にはやや不釣り合いな気がした。話を聞いていると仕事への誇りとか、仕事のしがらみになる社内政治の話とか、会社のかわいい女の子の話とか、意識の高い話と緩い話の混ざりあった彼らの会話は、一人で無理やりビールを流し込むぼくにとってはちょっとうらやましかった。

でも、そんな意識の高い人がいるような会社、近くにあったっけ、と思っているとレジの近くに予約のお客様一覧みたいなのが貼ってあった。そんなもの他人に見える位置に貼るなよ、と思いつつ見てみると、「そんぽさん」と書いてあった。ああ、そういえば某損害保険会社の支店が近くにあったっけ、と思い出し、2人なのに社名で予約とか取るんだいやでも社員でボトルのシェアとかしてんのかな、とか思った。

さかのぼって大学生のころ、ゼミの同期が「某損保の説明会に行ったら女の子がみんなかわいかった」と話していたことを思い出す。なんで損保なんかにかわいい女の子がいるんだろうと当時は思っていたが、ふたりの「そんぽさん」の話を聞いても実際にかわいい女の子がいるらしい。というか、当時ぼくは経済学部卒業見込みの大学生として就活していたわけだが、就職先として損害保険会社なんて思いもつかなかった。経済学部のくせに金融業界も知らんのか、と言われても金融専攻じゃなかったしアカデミアにいても企業について詳しくなれるわけではないのだ。もちろんテレビCMとかで損保の会社が存在することは知っていたけど、自分の就職先として考えたことが全くなかったのだ。後に損保のインターンに参加した知人が周囲からすごいと言われているのを見て、損保は就職先として割と人気があるのだということを知る。

そんなことを考えながら店を出ると、近くにオシャレなイタリアン居酒屋があるのを見つけ、今度はそこに行こうと思った。あと前にもこの居酒屋に一人で来た時、深夜に店を出て歩いていると道の真ん中で素振りの練習をしている人(しかも左打ち)を見たのだが、すれ違った直後にもう一度見ようと振り返るとそこには誰もいなかった、という実にボンヤリした心霊体験を味わったことを思い出した。このことを誰かに話そうと思って話してないなー、ということも思い出し、こうしてブログに書きました。現場からは以上です。