読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

砂漠のナボナ

来る前からここにいて、去った後もここにとどまる

挑発(といってもセクシーではないやつ)

ねえ、あなたって結局何がしたいの?

偉そうにしたかっただけなの?勉強して、それで人から賢いねって言われることが目的だったの?まあ、学生の頃は勉強さえしてれば偉いね、賢いねって家族も先生も言ってくれたよね。でもさ、高校出て以降は、今まで勉強してきたことから何をどう考えるか、それをもって何をするかが大事なんじゃないの?ほめられるのは確かにうれしいよ。実のところ、学生のころと同じように、世間でよいと言われていることの勉強を続けていればほめてくれる人って、社会に出てからも結構多いよ。だからってさあ、それをあなた自身の偉さと錯覚しちゃいけないんだよ。世間の人がいいって言ってるからって、それをあなたが鵜吞みにして自分の偉さと勘違いして、そんな偽りの権威でもって他人をバカにするようなことは、絶対にしてはいけないことなんだよ。そこには実体が何もないし、何かを生み出すようなものではない。もっと言えばあなた自身やあなたを応援してくれた人たちを辱める行為なんだよ。あなたはそれをわかってるの?

あなたはそうやって、手間を惜しまず手を動かして何かを身につけるでもなく、物事の上っ面を撫でまわして悦に入ることしかしていないのに、たったそれだけのことを根拠に自分を高いところに位置付けて人を見下して、それがあなたのしたかったことなの?そうして出来上がったあなたの将来って、簿記2級とTOEIC700点を履歴書の飾りとして持ってて、司馬遼太郎塩野七生を信奉する、自分にとって使い勝手のいい駒を量産するだけの何かだよ。はっきり言うけど、それって害悪だから。なに、この日本においては特別なものでもない。そんなやつばっかりだよ。でも、そこから抜け出そうって話を僕らはもともとしてたんじゃないの?なんで自分かわいさに本来の目的をこうもあっさり見失ってしまうんだよ!バカかてめえは!

うん、ご想像の通り、ぼくは自分のことを大衆に染まらない、自分こそが根本的な革命を成し遂げる側の人間であるとうぬぼれながらこれを書いている。ぼくだって自分がかわいいから自分の意見を支持している、これはきっと間違いないだろう。でも、ぼくは絶対に人を馬鹿にはしないんだ。なぜなら自分がされたくないから。そして自分の大切な人が馬鹿にされていたらひどく傷つくから。考えてもみてくれ、あなたが馬鹿にしている目の前の人は、家族がいて、友達がいて、恋人がいて、大なり小なり夢を見ている、尊重すべきひとりの人間だ。あなたと何も変わるところがない。それを馬鹿にしていると、それがいつかあなた自身に返ってくるんじゃないか。ニーチェを引用するまでもなく、すべてのものがあなたを覗き込んでいる。あなたが馬鹿にしたから、あなたは馬鹿にされる。それでいいの?ぼくはよくない。あなたも誇りある人間だ。尊厳を持ち偉大なことをなすべきひとりだ。そんなあなたが馬鹿にされていたら、ぼくはつらい。そしてあなたを応援してくれている人たちも苦しむだろう。それでいいの?いいわけないだろうバカが!人間なめんじゃねえわよ!人間ってなあ、すげえんだよ!最高なんだよ!わかってんのかボケが!いい加減にしねえとえぐるわよマジで。愛せ!てめえを愛せ!そんでもって世界に示せ!お前の愛で世界を壊せ!死ね!生きろ!もういっぺん死ね!以上!

 

という文章を書くぐらいにはいろいろとやることが詰まって負荷がかかっておりますことよ。こうなるとやはりセクシーな方の挑発をしてくれる美女が必要なのではないか。ビーフシチューうめえ。現場からは以上です。