読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

砂漠のナボナ

来る前からここにいて、去った後もここにとどまる

左翼とIT

題名は果たしてこれでよいものか

 

安倍晋三首相が笑っていいとも出演の際、アルタにデモ隊が集結したことが話題になっている。中でも、「安倍は今すぐ辞めていいとも」と書かれたプラカードの写った写真はどこのニュースサイトでも使われていて印象的だ。

 

しかもそのプラカード、ちゃんと本家笑っていいとものタイトルに似せて作られている。コラだろうか? それはさておき、安倍首相のいいとも出演が報じられたのは前日なのであれは前日に急いで作られたものだろう。なんかそう考えると、あのデモ隊がちょっと健気でかわいらしい。

 

ギークには遠く及ばぬナードなもので技術的なことはよくわからないのだけれど、あれってきっと、いわゆるフォトショとイラレで作られてるんだろう。「おい、安倍が明日いいとも出るってよ!」「じゃあ、おれはアルタ前に行くぞ」「それならぼくはプラカードを作るよ」このようなやり取りが左翼の秘密基地内でなされていたことは想像に難くない。左翼ってなんとなく真っ赤な人民服とマルクスの著書を携行しているイメージがあったけれど、なんかこう、憎めない感じがした。というようなことを考えていたら連休がどんどん過ぎて行ったのである。