読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

砂漠のナボナ

来る前からここにいて、去った後もここにとどまる

あの人と結ばれなかった私は今

 

あなたがわたしに魔法をかけてくれる - インターネットの備忘録

いかにクソみたいな人生であってもなかなか死のうとは思えないのは、遠い昔に結ばれなかった相手が言った「君っておもしろいね」「料理が上手だね」みたいな言葉が支えになっているからだったりする。確かに魔法かも

2016/08/02 19:35

 

 それはもう死ぬほど好きだった人と結ばれない、という経験が私にはある。なにせその人の幸せこそが私の幸せで、なんならもうその人が生きているだけで満たされるような、そんな相手だったから。自分の全てを以ってその人と向き合い、相手を光らせ、自分の思いをぶつけ、それらが止揚するような世界、そんなものがありえるんじゃないかと希望を持っていたころのことだ。「グッド・ウィル・ハンティング」でロビン・ウィリアムズが言っていたような、「目を覚ますと天使が横にいるという喜び」的なものがそこにはあった。彼女との食事、会話、帰り道、俺の6畳の1K、笑顔、髪形、ファッション、共に涙を流した瞬間、同じものを見て笑った瞬間、肌の色、声、俺の声、あのときの領収書、消せなかったメール、とあるwebサービスの終了とともに消えてしまったメッセージ、酒、準備したのに話せなかった話題、「大好き」の言葉、落ちる瞬間、最高の誕生日、視線、俺を見ろ、俺を見ろ俺を見ろ俺を見ろ、神様頼むから彼女にだけはこれから悲しい出来事が起こらないようにしてください、共感、「先生」、名前の響き、彼女の出身地、年齢、最寄り駅、あの夜最高に楽しかったあの夜。思い出すなり眩しさを感じるのは俺が泣いているからか。彼女と別れて以降の現在、自分の人生は余生というか消化試合というか流しというか、肩に力の入らない人生を送っている。もしかしたらこの先彼女よりも魅力的な女性と出会い、親密な関係になるかもしれない。それでも間違いなく欠乏感を感じずにはいられないだろうという予感がある。所詮どこにでもいるような女で、世界を代表するセックスシンボルでもなければ、町一番の美女というわけでもなかったかもしれない。それでも、それでも、好きだったんだ。

 

hase0831.hatenablog.jp

 

なんだかこんなことを書かれてしまっては、エモいこと書かなきゃいけない気がしてきた。だから書いた。きっと自分の人生は物語なんかじゃなくて、宇宙規模で見たらものすごくどうでもいいことはわかっているけれども、それでも書いたっていいじゃないか。「誰かに届くかも」みたいな幻想がどうのこうの、みたいなことを山形浩生は書いていたが、ここは「ポケベルが鳴らなくて」がのちの世で古びてしまったとしてもその時々でそういう歌詞を書くべきなのだと叫んだ秋元康を支持したい。これは私の物語ですらない、なんのカタルシスもない覚書でしかないけれど、それでも書いた。だって夏なんだもん。