砂漠のナボナ

来る前からここにいて、去った後もここにとどまる

男の子の街、銀座

銀座と言いつつ初っぱなから新橋で恐縮だが(おれなら徒歩圏内)、新橋駅からしばらく歩いたところにタミヤプラモデルファクトリーという店がある。その名の通りタミヤの直営店で、店の中には所狭しとプラモデル、ラジコン、ミニ四駆が並んでいて、しかもミニ四駆のサーキットと作業場まであるから買ったミニ四駆をすぐその場で走らせることができるという、それはそれは楽しい店だ。ぼくは今岐阜に住んでいるけれど、東京に行くたびに立ち寄ってしまう。そして時間を忘れてプラモデルを眺め、フォークリフトのラジコン組み立てキットとか買ってしまうのだ。新橋という立地上夜になるとたくさんのサラリーマンが来店するのだが、誰も彼もみな楽しそうだ。君の家のお父さんがうっかりタミヤのプラモデルを買ってきたならば、それはきっとこの店の力にやられたに違いない。

 

もうひとつ、銀座に天賞堂という宝石店があるのだが、ここは1階が宝石店で2階が鉄道模型の店になっている。一瞬その組み合わせは何だと首をひねってしまうが、きっと鉄道模型の真鍮加工の技術なんかが宝石加工の技術と近いものがあるのだろう。知らんけど。あいにく鉄道模型になると本気で宝石並の値段がするものもあったりして買い物はできないのだが、前を通るたびにこっちも立ち寄ってしまう。銀座というおしゃれでハイソな街に模型店があるというギャップもいい。ここもおじさんばっかりだ。定年退職し左ウチワな生活を始めた暁には、是非とも日参して同好の士と語り合いたい、そんな店である。

 

どちらも、幼い頃にあこがれた夢の空間そのままである。訪れた男性はその場で5歳にまで若返り、同行する女性には呆れられるだろう。でもいいのだ。こころゆくまで堪能しよう。BGMは筋肉少女帯「おもちゃやめぐり」だ。米トイザらスが経営破綻し、既存店もすべて閉店した後に公式サイトにアップされたメッセージは「最後の約束、ずっと子供でいよう!」だった。言われるまでもない。ぼくらはいつでも子供に戻れる。そしてその場所は銀座にある。この巡り合わせが、なんだか不思議だなと思うのだ。

 

あれは東京から引っ越す少し前、ちょうど東急プラザがオープン直前だったのだが、夜にふと前を通りかかるとオープン前のはずなのにガラス張りの窓に街を見下ろす男性の人影が見えたのだ。何をしていたのかは知らないが、高層ビルから銀座を見下ろすというのはいかにも成功者という感じがする。きっと手にはシャンパンかブランデーグラスを持っていて、後ろには肩を露わにした真っ赤なドレスをきた美女がいたことだろう。そういうわかりやすい成功者も含めて、実に男の子の夢が詰まったいい街だと思う。いや、本当はどうだかわかんないんだけど

わかるようなわからんような 映画評「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」

とりあえずネタバレ全開で、備忘録としてリスト

【生きてる人・消えてない人】

トニー・スターク/アイアンマン

ドクター・ストレンジ

スティーブ・ロジャースキャプテン・アメリカ

ソー

ロケット

ネビュラ

ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ

ブルース・バナー/ハルク

ローディ/ウォーマシン

【出てないけど多分生きてる人】

スコット・ラング/アントマン

ポープ・ヴァン・ダイン/ワスプ

クリント・バートン/ホークアイ

シュリ(ワカンダのみなさま残り半分)

エヴェレット・ロス

フィル・コールソン(withエージェント・オブ・シールド組?)

シャロン・カーター

ウォン

モルド?

キャプテン・マーベル

 

というわけでようやっと見てきたインフィニティ・ウォー。しょっぱなからアスガルド全滅って、前作ではあんなに楽しそうにやってたのに落差デカすぎだろ!あといつの間にかザンダー星も滅ぼされてるじゃんかよ!ノヴァ軍の長官とか嫁がピンク色のおじさんとか死んじゃったのかよ!いくらなんでも殺しすぎでは、という印象が強くて、そりゃおもしろいはおもしろいけど、ちょっとなーと思った。決して安易な犠牲や人員整理のため”だけ”の描写ではないことはわかるんだけど、さすがにドン引き。しかしヒーローの数もぐっと増えたのに全員に見せ場を作るのはさすが。満を持して登場するキャプテンとか満を持して登場するソーとか、GoG組の連携とか見ていてすごくテンション上がる。お祭り映画としては十分以上のものは見せてもらっているんだよなー。そしてそんな中実質主役のポジションにいるサノスですが("Thanos will return"って)、正直自分にはあんまり。確かにちゃんと信念や主張があって、ガモーラとかどうでもいいのかと思いきやちゃんと気にしてはいて……っていうのがある。間違いなくある。めちゃめちゃ描写してる。それはよくわかるんだが、人口爆発に資源が追い付かないから虐殺で半分にしよう!→全宇宙でもそれやっちゃおっかな~って、バカじゃないの?発想があまりにも幼稚じゃないですか?いやもちろん途方もないスケールの話なのでそれ相応の絶望がサノス氏にはあったんだと思うよ?でもさあ、そのネタ50年前からウルトラマンでやってんだよねえ。それがいまさらしかめっつら(ブローリンたんの素ではある)して、こんだけ金かけて、スタッフから役者まで一流そろえてやるのがそれ?という感は否めない。10年の月日をかけた超特大メガヒットシリーズで、かつあれだけのヒーローと対峙する巨悪としてはあれが最適解かもしれんが、う~ん。いかんせん次作で完結っていうのがわかってるからなんとも言えない部分も多くてそこもモヤっとする作品でした。現場からは以上です。

指とバナナとウインナー

小学生だったころのある日、集団登校中に上級生の友人と昨日のテレビについて話していた。僕は見逃していた番組だったのだが、確か実録系の番組だったはずだ。道ばたに切断された指が見つかり、あたりは騒然となったものの、解剖してみると骨が無く、実はそれがバナナだった、という内容だったと思う。友人が番組内での再現VTRをまねて「あれえ、この指、骨が無い!」と言っていたのを鮮明に覚えている。これを聞いて僕は「そんなことあるかいな」などと思っていたのだが、しばらくたったある日、家で母が「指が落ちてる」と言い出したのだ。見てみると確かに何かすごく指っぽいものが落ちてる。気味悪がりつつ近寄って見るとそれがウインナーの端っこだったのだ。そういえばさっきまで兄が朝食にウインナーを食べていた気がする。それが落ちたんだろうか。でもパンくずとかじゃあるまいし、食べこぼしにしてはやや大胆すぎやしないか。当時兄は小学生だったが、さすがにそこまで派手な食べこぼしをするだろうか。そして母もなんですぐ片付けなかったんだろう。そう考えると大変にぼんやりした出来事で、なんでこんなことをいつまでも覚えているのかよくわからない。が、折に触れて思い出すので書いた。現場からは以上です。

現世おれには味濃い祭り

先日からあげにさらに調味料を足すことへの戸惑いを書いた。

k-point.hatenablog.com

これは食べた店の土地柄と、僕自身が塩分の摂りすぎにうるさい母に育てられたこととのギャップで生じた戸惑いたと思っていた。しかしこの度、衝撃の記述を発見する。

portal.nifty.com

ウインナーは皮がパリッとして、さすが肉の万世の一品と思わせるおいしさだ。味付けは醤油とのこと。……ウインナーに醤油ってありだったのか。

他のメンバーは、ウインナーは塩コショウで味付けするものと思い込んでいたところの醤油。

おい、そもそもウインナーに味付けってしないだろ。あれそのままでじゅうぶんしょっぱいだろ。何考えてやがる。

この記事の中では参加者全員がウインナーに味付けするものだと思っている、という状況は僕にとってはもう恐怖である。我が家、というか母にしてみれば、あんなにしょっぱいものに塩とか醤油なんてかけようものなら血管プッツンするわよ、と言うだろう(実際こういう物言いをしていた)。別にウインナーがしょっぱいから食べなかったわけではなく、普通に食卓には上がっていたし、なんならケチャップやマスタードぐらいはよくかけていた。でもそれらはウインナーに無い酸味や辛味を付加するものであって、決して塩気をブーストするものではなかった。だからこそウインナーに塩って!醤油って!ただただ恐怖に震えるばかりである。

そういえば「つけものに醤油をかける」という人の話を聞いたことがあるし、前に吉野家で牛丼に醤油を回しかけている人も見た。恐ろしい、お母さんに怒られるぞ!ちなみにその2つは後でどちらも試してみたのだが感じるしょっぱさやご飯の進み具合が全く変わらないのも意味が分からなくて怖かった。ただそこにある塩分、カフカもびっくりの不条理さである。

ここまで書いてきて、単に幼少期の母からの刷り込みが強いだけなのかとも思うが、でもやっぱり世間にあふれるものって味が濃すぎ、そして世間のみんなも味の濃さを求めすぎだと思うのだ。そんなことを入院中、病院食を食べながら考えました。病院食って薄味なんですが、俺はこれが食べたかったんだ、スーパーとかコンビニの弁当なんて本当は嫌だったんだな、と自分を再発見することしきり。現場からは以上です。

 

アボカド飢饉

年始なのでふと思い出した。数年前、家族が入院することになったので見舞いのために実家に帰省したのだ。病院の中にタリーズコーヒーが入っていたのでアボカドの入ったホットドッグを注文したのだが、アボカドがもうなくなってしまったと言われた。仕方なく普通のホットドッグを食べた。

次の日に近くの大型書店に行くとそこにもタリーズコーヒーが入っていた。タリーズ経済圏である。昨日のリベンジと思いアボカドのホットドッグを頼んだのだが、ここでもアボカドが無いから出せないと言われた。仕方なくコーヒーだけ飲んで帰った。

こんな狭い範囲でアボカドの品切れが頻発するなんて、局所的アボカド飢饉だ、アハハ、などとこの件は僕の中で大いにウケた。それから何度か人に話しているのだがあまり受けない。

大学時代、僕の「どうして女の人はアボカド好きなんですか」の質問に「ほら、女子って割と、ぼんやりした味とか好きじゃない?」と答えてくれた女性の先輩は僕が貸したニューシネマパラダイスのDVDを返さないまま卒業していった。いい加減返せよ。現場からは以上です。

エモさ漂う映画のエンディングテーマ5選

映画はエンドロールの最後までちゃんと見るタイプです。ですです。

映画が終わってもすぐには席を立ちたくないタイプです。ですです。

ところで妙にエンディングの切なさが印象に残る映画ってありませんか。

ありませんかって言っても微妙に語弊があるというか、伝えづらいので例を出します。

無間道/「インファナル・アフェア

www.youtube.com

「どんな理由があれ人様に紹介するときはなるべく著作権法遵守」の主義の下、動画は最近になって作られたネットドラマ版の主題歌ver.となっております。

そんなことよりインファナル・アフェアです。個人的には「たとえマチズモと呼ばれてもいい。おれは男に生まれて、そしてこの映画に出会えてよかった」大賞永世7冠受賞作品です。最終的にある男が重い宿命を背負うことになるのですが、そのあとに流れるこの曲の切なさといったら。「いつになったらこの苦しみから逃れられるのか」運命に抗おうと闘い続ける男たちの悲壮感あふれる胸中を歌い上げるのは、アンディ・ラウトニー・レオンの本作主役コンビ。まったく、最高すぎて最高なのかよ。

The Show/「マネーボール

www.youtube.com

これはリンク先の動画のほうがオリジナルなのですが、「マネーボール」ではブラッド・ピット演じる主人公の娘がアコギの弾き語りで歌うシーンがあって、それがエンドロールでも流れる構成です。オリジナルのようなポップさは鳴りを潜め、幼い女の子が素朴に歌うだけで、映画のエンディングとしては非常にあっさりしているのですが、主人公と娘の微妙な距離感とか、ライバル球団相手にデータ分析の力で戦いを挑む主人公、というヒロイックなイメージとのギャップとか、そもそも主人公は球団の改革に奔走しながらも試合は見ずに結果だけ人づてに聞くところとか、「ベストセラーを原作にブラピ主演」という事実から連想するイメージとはやや離れたところにある、どこかつかみどころのない感覚がこの1曲に集約されている感じです。

Our Sleepless Minds/「リベンジ・トラップ/美しすぎる罠」

soundcloud.com

すっごいマイナーな映画だから音源ないかも……と思ってたらsoundcloudにあがってたぜヤッホー!な1曲。いや、マイナーと言いつつ主役はロザムンド・パイクだし、「ゴーン・ガール」とは若干ベクトルが違うけどこれまたえげつないことするしで結構印象に残る映画ではあります。画面のつくりはいかにも低予算映画という感じだし、邦題から受ける印象とは違うタイプの映画でもあるので、いまいち勧めどころを図りかねる映画なのですが、huluなど各種サービスではちょいちょい見放題になってるので何かの機会にぜひ。歌ってる人は誰なのかよくわからないけれど、サビのシャウトの切なさが、これまた本作を見た後のオオウ……な感情に程よく寄り添ってくれる感じで好きです。

曲名不詳/「オデット」

www.youtube.com

これこそマニアックな映画で、何度かの企画上映以外では日本の映画館で公開されたことはないはずです。僕も渋谷ユーロスペースだかイメージフォーラムだかで特集してたのと、池袋新文芸坐のオールナイトで1回やってたのをたまたまどちらも見ることができたので知ったんですけど、そしてすっかりハマってしまってアマゾンでDVDを個人輸入しちゃうぐらいに好きな映画です。監督のジョアン・ペドロ・ロドリゲスと美術のジョアン・ルイ・ゲーラ・ダ・マタがゲイのカップルなこともあってか二人が作る長編はどれも同性愛者が軸に置かれているのですが、その中で本作は女性が主人公で若干毛色が違うというか。この二人の作品全般に言えることなんですが、ものすごくポップな画面が映ったと思いきや象徴的で難解なシーンに入ったり、過激な性描写などこれでもかというほどわかりやすい描写があったかと思えばまったくわけのわからない表現があったり、作品を通しての揺さぶられ方がすごい。でもそれって普段映画を見ているときに常にどれかを感じているわけで、それを1本の映画に凝縮して見せられていると思うとなんだかものすごいことなのではないか、という神秘的な魅力のある作品なのです。そうやって、面白くはあるんだけど別の世界に突き放されてしまったかのような我々を元の世界に連れ戻してくれるのが大変にエモいこの曲で、なんならこの曲を聴きたいがためにこの映画を見るような、僕にとってはそんな思い入れのある1曲です。

僕らはシークレット/「わたしたちに許された特別な時間の終わり」

www.youtube.com

若くして自殺したミュージシャンを主役に、友人の映画監督が映画の題材として撮りためていた彼やほかの友人のドキュメンタリー映像とフィクションパートを織り交ぜて完成させた映画、そしてそのミュージシャンが生前に製作しエンディングに採用されたこの曲。静かな立ち上がりから終盤への盛り上がり、7分以上の長尺とプログレっぽくて大好きなのですが、映画を見終わった後に聴くこの曲のエモさと言ったらなくって、若くしての死はそりゃあ悲しいけれども決して普通の人間ではなかったミュージシャンの彼とか、そういう悲劇的な事実を脇にやったとしても物語をけん引して周りの友人たちを動かしていく彼の凄味とか、それに比べてフィクションパートの妙な白々しさとか、そういうものがこの曲のラストの盛り上がりで爆発するんですよ。ああ、これも行って帰ってくるための曲というか、映画の中の世界から生まれていながら観客を外へ押しやる感じの曲です。

こうしてならべてみると、こう、いかんせんエモさに頼ったレビューなので、全体的に文章が論理的ではないのだけれど、書いてて楽しい文章でした。まとめると「いやあ、映画って、ほんっとうにいいものですね」しか言うことはないのだけれど、これからもエモいエンディングに出会うために映画を見ていきましょう。

どんな美男美女でも避けられる瞬間

皆がうらやみ、異性ならば誰もがその肌に触れたいと思うような美男美女であっても、絶対にみんなに避けられてしまう瞬間がある。

改札でチャージ残高が足りなかったときだ。

あの、開くと思って開かなかった改札、元の位置に戻るには中途半端に長い距離、あれをやってしまったが最後、後ろに続く人たちは必ずそいつを避けなければならない。たとえどんな美男美女であろうと、あるいはどんなに偉い人だろうと、チャージ金額が足りないまま改札に向かったが最後、後ろの人には避けられてしまうのである。天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず、されど人々の間に格差や差別がなくならないこの世界において、唯一誰にでも起こりうるという意味ではまさしく平等の象徴である。

なんでこんなどうでもいいことを書いているかというと、久々に休日が楽しかったからだ。1年半ぶりに土日連休になって、朝はゆっくり起きて、アマゾンプライムで「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード」を見て、最近新調したパソコンに各種ソフトウェアをインストールして、愛知県体育館にプロレスを見に行って、欲しかった本『Rプログラミング本格入門』を買って、チキン南蛮を作って食べる。楽しさを共有知る相手がいないのだけが残念だけれど(でももし誰かがこの記事を読んだら、それも解決)、考え得る最高の休日じゃないだろうか。久々に楽しくて、自分の中でバランスがとれないので、わざわざブログを書きました。

もっと楽しいことがあるといいな。現場からは以上です。